壁や壁スイッチの時の逃げ方

◎逃げ方

敵の前にいる人がうまく壁をしていても、逃げ手がうまく逃げないと抜けてしまうことがある
敵の中心を軸として捉える

壁スイッチがわからない場合はこちらから
壁スイッチをする


●壁スイッチの場合

敵の軸と壁をしている仲間の軸を合わせて逃げる

二人以上の壁がある場合、内側にいる人に軸を合わせる事で、外側の人は迅速に壁スイッチをすることができる
緑のラインが敵の軸と内側の壁に軸を合わせたライン
緑のラインに向かって斜めに逃げる

赤が敵

青が味方

軸合わせ





●パラディンの一人相撲の場合

敵の軸とパラの陣を合わせる
パラ魔軸

×印からメラゾーマを打つ魔法使いをバ覚醒と揶揄するのを聞いたことがある

敵とターゲットの距離が遠い場合、L字抜けという抜け方があるため直線の距離にも注意が必要
L字抜けが起きてしまう距離はメラゾーマの射程より内側にラインがある
メラゾーマを入力して、歩いてからメラゾーマを詠唱した場合、位置取りが遠すぎるということ
メラゾーマの射程より約0.5秒内側に歩く(2歩くらい)の位置だとL字抜けが起こらない

魔法使いは軸を合わせると共に、敵との距離が遠すぎないことに注意が必要

距離を合わせられない魔法使いがいる場合はパラディンが壁まで押し続けることで、L字抜けを回避する場合がある
それは魔法使いがパラディンに見捨てられた証
本当は、開幕の位置を維持して陣を有効に使うのが理想

まずは軸と距離を合わせてからメラゾーマを入力しよう

●おわりに

敵によって横幅の寸法は違う
敵を円として捉えることで、 その中心点を見ることで軸がわかる
誰かの失敗から抜けてしまうことはあるが、その人を攻めるより先に、自分がどう動くことでカバーできたかを考える
ほとんどの場合、自分が100点満点を取ることで改善ができるはず
人を変えることよりも、自分が変わる事の方がもっと簡単だ