16秒間追いつかれずに逃げ切るには壁をする必要がある、

そのために必要なのが壁スイッチ 

フィールドの端から端までなら一人の壁でターンエンドまで時間を稼ぐことができる

大体の場合、フィールドの中間辺りから始まるため、1回以上の方向転換を必要とする

ターンエンドがわからない人は先にこちらから
敵のターンゲージを理解する

◎壁スイッチとは

壁をする人が逃げている人の時間を増やすために位置を変えること
時計回りに逃げて、外側の人が内側に入る場合が多い

●やり方

赤が敵
青が仲間

ターゲットが逃げていて2人で壁をしている場合

最初


逃げて壁が抜けない範囲は灰色部分
逃げエリア




このままの陣形では逃げているターゲットがターンエンドの16秒まで逃げ切ることができないので
外側にいる人が内側に移動することで逃亡エリアを増やす
右側の人はタイガークローを入力する前に壁スイッチをする
移動後


内側に移動すると
移動後エリア


逃げる人のエリアが大幅に増え、ターンエンドの16秒まで逃げ切ることができるようになる


適切なタイミングで壁のスイッチを行うと、逃げる側がピオリムやスクルトなどの詠唱が長い呪文を唱えることができる
壁のスイッチが遅れると、追いつかれて無駄な行動を受けてしまったり、詠唱が長い呪文を唱えられなくなる



●壁スイッチをするときの注意点

外側にいても相撲の軸になっている人は動いてはいけない
敵の向きと進行方向から、内側にいる人を支点にしている時に壁スイッチをする
もし、自分が動いたことで敵が壁から抜けてしまった場合は自分がスイッチするタイミングが早すぎるということ
逃げている人の位置は背中で感じる

壁スイッチをするときにインサイドを攻めすぎると、敵に引っかかってしまう為、少し大きめに回るのがコツ

敵と接触する時に移動カーソルを押し続けていると、すりぬけてしまうことがあるため、敵と接触する瞬間は移動スティックをフラットにする、最初に敵と当たる時もそう
あまりよくない位置に入ってしまっても一度入った位置から動くことで敵がすりぬけるため、一度間違ってもその位置に留まる


●おわりに

壁スイッチがちゃんとできるパーティーだと敵の行動回数を約3分の1に抑えることができる 

練習として、仲の良いフレンドと4人で一切攻撃をせずに覚醒プスゴンで10分間ターンエンドを迎え続けるという方法がおススメ
追いつかれてしまうと2連続の攻撃を受ける
壁スイッチは仲間との連携なので、一人だけができてもあまり意味がない
周囲の仲間と一緒にできるようになることで、ボス攻略の難易度は大きく下がり、より快適な冒険をすることができるようになる




















●もっとおわりに

美術の成績は10段階評価の2だった

今回の図形や配色を見てもらえばそれは伝わるだろう
美術の授業で粘土の手を作った時は、私の眼からみてもクラスで一番にいびつなものが出来上がった
今後は図形による解説を控えたいと思う