仲間が何をしようとしていて、どんな状態かを知ることによって最適な行動を取ることができる

ドラクエ10は僧侶を中心に回っている

僧侶の聖なる祈りが点滅している時は、全員でダメージを受けない努力をして、祈りの更新時間を作る
ツメを持って聖女がかかっていない人がいたら、聖女をしてもらうために、無ダメージの時間を作る

などの、僧侶視点を持っていないとピンチになりやすい 

敵の行動を見るのと同様に、右下のアイコンも注意深く見る必要がある

◎状態アイコンとHP

状態
キャラの左側には状態アイコンがある
ここに表示される数は上限があり、色々な効果がかかると一度には表示されない
このアイコンに表示される情報を把握することで戦況を知ることができる

●HP、MP

HPが減っていてダメージを受けると死んでしまう時は敵から離れる
僧侶のMPが100以下の時は、まほうの聖水を投げる 

●強化アイコン

聖なる祈り、魔力かくせい、バイシオン、ピオリム、聖女の守り
アイコンの点滅開始から2度行動することができるが、3度目の行動の時には切れている
点滅したことを確認してから2回以内に更新する
バイシオンとしんぴのさとりは、切れてしまうと2度かける必要があるので特に注意

●状態異常

幻惑、魅了、眠り、混乱
魅了、眠り、混乱は壊滅の危険が高いため、迅速に察知してツッコミやザメハで対処する
物理アタッカーが幻惑されてしまった時は、幻惑に影響を受けないランドインパクトやプレートインパクトを使う、他にやること(心頭滅却、すてみ、ブレードガード、不撓不屈など)がある場合は攻撃よりも優先する




◎吹き出し

超陣吹き出し

●仲間の行動を見る

僧侶がスクルトなどの詠唱が長い呪文を唱えている時は次のターンまで少し時間がかかることを知る
その情報から防御よりの行動を選択する必要がある
 

●行動被りをキャンセルする

暴走魔方陣、ザオラル、スタンショット
暴走魔法陣を後から被せてくる魔法使いがいる
魔法二人が暴走魔方陣を使ってしまった場合は後から使用した方がキャンセルをする
先に使用している方が既にキャンセルできない状態であることがあるため

ザオラルするときは人が死んでいるピンチのため、被りをキャンセルできないと壊滅する
旅芸人のザオラルに、僧侶が後から被せてしまった場合は、僧侶がキャンセルをして行動をベホマラーに切り替える

スタンショットは大事な技なので、二人で打ってしまうのはもったいない
ハンマー職が二人以上いる場合は他の人の吹き出しを注意深く見ておく

●必殺技

必殺
一喝、お宝ハンター、マジックルーレット
仲間が必殺をチャージしたことを知ることで戦略が変わる場合がある
一喝を二人同時にチャージして打とうか迷う時は、相手がタイガークローを入力したのを確認してから一喝を打つ
二人とも様子を見て、お見合い状態になった場合は、自分がタイガークローを入力することで仲間に一喝を打ってもらう意志表示をする
お宝ハンターについても同様に待ちが有効

マジックルーレットをチャージした場合、戦闘を終わらせずに待つ

●仲間の技をキャンセルさせない

えもの呼び、ベストスマイル
まもの使いのえもの呼びはとても詠唱が長い特技なので、対象が攻撃で倒されてしまうと詠唱途中でキャンセルされてしまう
えもの呼びをする側が赤字のモンスターを対象に取らないことで、防ぐことはできるが、間違って瀕死のモンスターを対象にとってしまった場合は、仲間がそれを察知して別の対象を攻撃してあげる優しさが欲しい



◎おわりに

仲間の状態が見えずに、僧侶のMPを0にしてしまったり、ザオラルを被せてしまうと全滅する危険が高い
僧侶をやると仲間のHPと状態アイコンを見る癖がつくので、修行のために僧侶をやってみるのがいい
バイシオンの更新は魔法戦士とどうぐ使いで習得することができる習慣
いつも武闘家、魔法使い、バトルマスターを好む人は、
他の職業で身に付く技術を習得するために僧侶をやる
僧侶の視点を持つことができれば、仲間から愛されるプレイヤーになれるはず