コマンドが出るとすぐに入力したくなる、

あると思います、

しかし、攻撃や呪文を唱えないで待った方がいい場合がある

コマンドを入力せずにターンを貯めておくと、次のターンがすぐに来ることになるので、擬似2回行動ができる

キャンセル待機

●敵が範囲攻撃を使ってくるかもしれない

ファラオヘルマのゴールドシャワーが来るかもしれない待機状態の場合、天下無双を入力する前にヘルマがゴールドシャワーをするのかしないのかを見ないといけない
毎回コマンドが出てすぐに天下無双を入力していたらゴールドシャワーをほとんど喰らって、仲間に迷惑をかけてしまうことになる

タイガークローなどの技は、ターンが来るとすぐに使ってしまいたくなる衝動に駆られるが、回避する技がある場合や、怒りが自分にきている時など、周囲を見渡して一呼吸してから入力しよう


●キャンセルショット待機

パラディンの経験者は皆やったことがあるはず
キャンセルショットは迅速に入力しないとキャンセルの判定が入らないため、カーソルを事前に合わせておく
グラコスの仲間呼びは厄介なので、キャンセルショット→グラコスにカーソルを合わせておいて、仲間呼びを使われたらすぐに決定ボタンを押して技を打つ、別の技だった場合はキャンセルショットを使わない
災厄の王では魔触、ジゴスパーク、いてつくはどうをキャンセル待ちする

バトルマスターのキャンセル精度が低いことがある
ピラミッド9霊廟でファラオラー、ファラオヘッドの仲間呼びにキャンセルショットを撃ち込むと次の仲間呼びを使ってこないので、ラーやヘッドが出現した時にはキャンセルショットにカーソルを合わせて待つ方法が有効
仲間呼びを使う前におたけびや、怒り状態にした場合、その後に仲間呼びをされてしまう可能性があるため(怒り解除後)、ハンマーを持っているならキャンセルショットをして欲しい
ファラオカーメンのファラオの召喚に対しても、スタンショットを構えておけばキャンセルが可能
ファラオの召喚の文字が出てからスタンショットにカーソルを合わせてと、出遅れた場合は召喚をされてしまう程度にシビアな判定

四諸侯のアクバーのドルマドンのように詠唱が長い呪文におたけびをする場合、待っていれば1回目のおたけびが入らなくて、2回目のおたけびが入った場合でもドルマドンをキャンセルさせることができる

●ベホイムやベホマラーを待つ

仲間がダメージを受けるのを待ってから入力するパターン
パラ魔賢僧でバラモスなどの敵に行く場合、パラディンが落とされることがなによりの危険なので、賢者は初手でパラディンにベホイムをカーソルを合わせて、ダメージを喰らった場合は迅速に回復する
パラディンがダメージを喰らう相撲反撃の時にスクルトを詠唱してしまっていたら次の行動でパラディンが落ちてしまう場合があるので、パラが相撲をする構成の場合は、2ターン行動した後はパラディンにベホイムのカーソルを合わせて待機するのが定石

●やいばの防御で耐える

ファラオニビスの対象となっていて、一刀両断を耐えたい時はやいばのぼうぎょをする場合がある
相手の攻撃を見てから迅速に入力する必要があるので、その危険がある場合は事前にやいばのぼうぎょにカーソルを合わせておいて、一刀両断の場合は迅速に決定ボタンを入力する
バラモスブロスのじゃあくのツメをやいばのぼうぎょで耐えてるとかっこいい

●おわりに

後出しジャンケンが最強
敵の行動に合わせて、「この場合はこうしよう」と考えておくことで、危険を回避して安全に戦うことができる