虹会心ターン
さいほうの会心、それは人を安らぎへと導く素敵な事象である

●会心とは
特定の確率で発生し、数値が2倍。
2倍が規定値以上の場合は規定値ちょうどになる。

レベルが上がると会心率が上昇し、
レベル10 会心率0.1%アップ
レベル20 会心率0.2%アップ
レベル30 会心率0.3%アップ
と、レベル上昇によって0.6%会心率を上げることができる。

針の種類と★の数で数値が設定されていて、
レベル30以上で奇跡針を装備すると
★なし 3.9%
★ 4.0% 
★★ 4.1%
★★★ 4.9%
という基礎値が設定されている。

奇跡針★★★の4.9%を基に話を進めていこう。


●会心率の仕組み
通常縫う場合には4.9%の確率で会心が出る。

この4.9%とは違う会心出現率を持ったものが存在し、それぞれ別の数値が設定されている。
正確なパーセンテージはわからないが、一定数のデータから推測された数値。

・ねらいぬい
会心率8倍。
4.9×8=39.2%

・必殺技
会心率2倍。
4.9×2=9.8%
会心×2ターンとの複合なら4.9×2+4.9=14.7%
ねらいぬいとの複合なら39.2×2=78.4%

・虹布の会心ターン
会心率7倍
4.9×7=34.3%
ねらいぬいとの複合なら34.3+39.2=73.5%

・会心×2倍ターン
会心率+4.9%。
4.9+4.9=9.8%
ねらいぬいとの複合なら39.2+4.9=44.1%
 
このような計算式であると推測している。

実際に縫う時の考え方としては、通常5%、会心×2倍ターン10%、必殺通常10%、ねらいぬい40%、必殺ねらい80%として確率を計算している。

ここで罠となるのが会心×2ターンのねらいぬい。
このターンに大きな期待を寄せて、ねらいぬいをしてみるが、あまり会心が出ないというのは、経験として感じた人は多いことだろう。会心×2のターンはすべてに+4.9%されているだけで、すべてが2倍になっているわけではない。必殺技と同じ表記であった時代から、中身が違う紛らわしいものだった。

●会心率昔話
ねらいぬいの会心率は昔、
プラチナ針 8倍
超さいほう針 9倍 
こう設定されていた。

奇跡針が登場し、奇跡針は10倍ではないかという推測をしていた。
実際にリリースされた後、10倍な気がしなかったので、1000件ほどのデータを取り、8倍に下方修正されたという結論が出た。これに伴い超針の倍率も下方修正された。

この修正は事後にすら告知もなくサイレントで行われた。

過去、さいほうの世界で行われたサイレント修正はねらいの倍率のみである。

違和感を感じて、データを取り直したことは何度もあるが、倍率以外で変わっていたことはない。

「5に3がよくでる、3に5がでる」というのはオカルト。本当にそう思うのなら自分で作った時にデータ(1000件以上が望ましい) を取ってみよう。


世界は秩序通りに回り続けていることに気づくはずだ。